8月15日(日)終戦記念日。

朗読と歌とピアノによる『命のビザ』コンサート

無事開催することができました! 雨の中、会場に足を運んでくださった皆様、オンラインライブ配信を視聴してくださった皆様、ありがとうございました。

このコンサートを作り上げていく過程で出会った杉原氏の言葉が深く心に残っています。

「私には頼ってきた何千もの人を見殺しにすることはできなかった。当然のことをしただけです。」

この「命」への慈しみ、大切にする心・・・これこそ、平和な世界を実現するための礎になるものだと思います。

今後、毎年恒例のコンサートになればと願っています。

以下コンサート後のアンケートよりご感想いただき、ありがとうございました。
その中でいくつかご紹介させて頂きます。
貴重なお声をありがとうございました。

●感動しました。1本の映画を観たようなきがします。ラストの曲にコンドルが見えるようでした。音楽の力はすごいですね。 (男性)

●杉原さんの決断が多くのユダヤ人の命を救ったことを、素晴らしい歌とピアノと語りで知れたことが、すごくありがたいことだと思いました。とても心にしみる公演でした。ありがとうございました。 (20代女性)

●朗読、歌、ピアノ曲、すべてが素晴らしかった。胸に迫ります。ユダヤの格言、一人の命を救うことは世界を救うこと。自分自身が出来ることを考えます。 (女性)

●8月15日はいい過ごし方が出来ました。ピアノ、歌、朗読、どれも素敵でした。1年に1回は戦争の話を聞き、学び、平和への思いを強く持ちたいです。

●暖かい想いで胸がいっぱいになりました。ありがとうございます。 (60代女性)