BLOG

ブログ

2019年07月18日(木)

2回目の練習(吉川圭子さんと鍵本景子さん)

久しぶりの青空。雨も気持ちが落ち着くので好きだけど、やっぱりお日様は嬉しい。

今日は11月13日(水)オペラシティコンサートホールでの30周年記念コンサートで、私の歌の曲、4曲を歌ってくださるソプラノ歌手「吉原圭子さん」との2回目の練習だ。1曲目は八木重吉の詩から「おおぞらのこころ」 2曲目は金子みすゞの詩から「雪」 3曲目はリルケの詩よりインスパイアーされて友人の舞踏家(角正之さん)が書かれた異聞から「ドゥイーノの悲歌より」 4曲目「ハレルヤ」

部屋の隅々まで吉原さんの声が響き渡り、練習していてもうっとりしてしまう。何も持たないのに素晴らしい楽器だと、つくづく思う。

前回の練習時に「ドゥイーノの悲歌より」の語り部分を別の人に朗読してもらうことは可能ですか?という依頼があったので、女優の鍵本景子さんにお願いすることになり、一緒に合わせてみた。

1曲の流れの中に言葉と歌が交互に立ち現れるという不思議な感覚の曲だが、初めての合わせなのに息がぴったり!! 二人とも自然体でとてもいい。

鍵本景子さんは、NHKの朝ドラにも数多く出演しておられるのでご存知の方も多いはず。

素敵なお二人に囲まれての2時間半の練習は、あっという間に終わった。

 

 

デビュー30TH記念コンサート『林晶彦の世界~永遠への飛翔~』
ページの先頭にもどる
お問い合わせはこちら
© 2018 anupamo.net
Photo by Kotaro Suzuki