BLOG

ブログ

2019年05月23日(木)

30周年を迎えるにあたって思うこと

平成が始まった1989年平成元年から、平成が終わって令和の時代に入ったこの30年間、皆様にとっても色々な出来事があったのではないかと思います。

私にとっての大きな出来事は、京都の山奥で行われた「京北国際芸術祭」で、ツトム・ヤマシタ氏に45分の時間を与えられ、自作曲を多くの人に聴いていただける機会を得たことでした。ただただ感謝しかありません。

あれから30年、山あり谷ありの人生でしたが、大好きな音楽を続けてこられたのは、たくさんの祈りや助け、そしてどんな時でも信じ続けてくれた人たちがいたこと。その上に今の自分が存在していると思うのです。
いつも愛をもって見守ってくれた両親、家族、友人、お世話になった先生方、そして目には見えない神様に心からの感謝をささげ、心を込めた最高の舞台を共演者、スタッフたちと共に作り上げたいと思っています。是非オペラシティコンサートホールへお越し下さい。(林晶彦)

デビュー30TH記念コンサート『林晶彦の世界~永遠への飛翔~』
ページの先頭にもどる
お問い合わせはこちら
© 2018 anupamo.net
Photo by Kotaro Suzuki